FAQ

よくあるご質問

学習について

  • 授業についていけるか心配ですが、どのようなフォローがありますか?

    英語・数学など積上げ型教科では、朝の時間を活用して学習支援システム「r-Test」を行います。その中で確認テストを行い、苦手箇所については、教員がフォローアップの授業を行います。また、夏期・冬期などの長期休暇中に講習を実施します。習熟度別の授業をおこない、「弱点箇所の克服」・「発展的内容」などを通じて、学習内容の定着・発展を促します。
    学習支援についての詳細はこちらをご覧ください。

  • 自己学習に対するバックアップ体制はありますか。

    職員室の向かい側に、生徒一人ひとりが学習に集中できるように、個別ブース型の自習室を完備しています。判らない内容についても気軽に質問できる環境で、自分のペースで学習することが可能です。iPadを使用した学習支援システム「r-Test」の中には、英語・数学以外の全教科6ヶ年分が収録されているため、自己のペースで学習を進めることが可能です。

  • 入学後、塾に通う生徒はいますか。

    通塾についてはご家庭の判断に任せていますが、大学入試に向けて学校でも特別講習などバックアップ体制を整えるほか、個別指導でしっかり学習をサポートします。

  • iPadの使い方は教えてもらえますか。

    iPadの使用方法やルール、オンライン上でのマナーを記載した「Build Book」が生徒一人ひとりに配布されます。その他にも、担任や各教科の担当者がサポートしながら、ホームルームや授業を通してiPadの実用的な使い方を学んでいきます。
    ICT教育についての詳細はこちらをご覧ください。

  • 海外で学習する機会はありますか?

    短期留学
    高校2年次の8月に、アメリカのカリフォルニア大学デービス校(UC Davis)に短期留学を行います。レッスンによる英語力の養成だけでなく、大学生との交流や現地スタッフからのレクチャー、現地で活躍されている方からの講演などを通して、今後の自分のキャリアを考える機会を持ちます。

    長期留学
    ニュージーランド・ウェリントンの現地校に高校1年次1月から2年次12月まで約1年間滞在をします。教育水準が高く、クオリティの高いカリキュラムと留学生サポート整備を兼ね備えている現地校において、英語だけでなく、さまざまなことを学びます。さらに現地では、社会福祉活動や環境保護活動などのフィールドワークも体験できます。

学校生活について

  • 昼食はお弁当ですか。

    お弁当を持参するか、カフェテリアを利用することができます。カフェテリアでは日替わりのランチや麺類、パン、デザートなどを販売しています。

  • 携帯電話の所持は可能ですか。

    保護者の方が安全などの面から必要であると考えられた場合には、学校に届け出てからの所持が可能です。その場合、使用の危険性やマナーを啓蒙し、ルールのもとに使用しています。

  • いじめの対策はしていますか。

    年間を通じた生徒との面談、アンケート実施・分析、コミュニケーションを重視した相互通行型授業、教員のいじめ理解に対する研修、いじめ防止の検討組織の設置など、多角的にいじめ防止・早期発見に取り組んでいます。
    具体的には、定期的にアンケートを行い、学年単位で共有・分析し、担任とスクールカウンセラーによる個々の生徒の状況に対する見立てや対策が話し合われます。必要な場合には、生徒指導部も交えて具体的な手立てを施し、早期発見・解消の体制を整えています。
    生徒一人ひとりが発信する情報を、多くの眼で見ていくことにより、より正確に情報を捉え、見過ごしを無くし、予防と早期発見につなげています。

  • 悩みごとにはどのような対応を行っていますか。

    常に担任・学年・教科で情報を共有し、何か気にかかることがある場合には、声掛けをして必要に応じて面談などをしています。また、カウンセリングルームには専門のカウンセラーを配置し、保護者の方からの相談にも対応しています。

  • 保護者や生徒へのメール配信はありますか。

    緊急情報・防犯情報・学校情報を、登録していただいたアドレスにメール配信サービスを行っています。

入試について

ただいま準備中です。
平成30年度については、決定次第ご案内いたします。

学習について

  • 授業についていけるか心配ですが、どのようなフォローがありますか?

    英語・数学など積上げ型教科では、朝の時間を活用して学習支援システム「r-Test」を行います。その中で確認テストを行い、苦手箇所については、教員がフォローアップの授業を行います。また、夏期・冬期などの長期休暇中に講習を実施します。習熟度別の授業をおこない、「弱点箇所の克服」・「発展的内容」などを通じて、学習内容の定着・発展を促します。
    学習支援についての詳細はこちらをご覧ください。

  • 自己学習に対するバックアップ体制はありますか。

    職員室の向かい側に、生徒一人ひとりが学習に集中できるように、個別ブース型の自習室を完備しています。判らない内容についても気軽に質問できる環境で、自分のペースで学習することが可能です。iPadを使用した学習支援システム「r-Test」の中には、英語・数学以外の全教科6ヶ年分が収録されているため、自己のペースで学習を進めることが可能です。

  • 入学後、塾に通う生徒はいますか。

    通塾についてはご家庭の判断に任せていますが、大学入試に向けて学校でも特別講習などバックアップ体制を整えるほか、個別指導でしっかり学習をサポートします。

  • iPadの使い方は教えてもらえますか。

    iPadの使用方法やルール、オンライン上でのマナーを記載した「Build Book」が生徒一人ひとりに配布されます。その他にも、担任や各教科の担当者がサポートしながら、ホームルームや授業を通してiPadの実用的な使い方を学んでいきます。
    ICT教育についての詳細はこちらをご覧ください。

  • 海外で学習する機会はありますか?

    短期留学
    高校2年次の8月に、アメリカのカリフォルニア大学デービス校(UC Davis)に短期留学を行います。レッスンによる英語力の養成だけでなく、大学生との交流や現地スタッフからのレクチャー、現地で活躍されている方からの講演などを通して、今後の自分のキャリアを考える機会を持ちます。

    長期留学
    ニュージーランド・ウェリントンの現地校に高校1年次1月から2年次12月まで約1年間滞在をします。教育水準が高く、クオリティの高いカリキュラムと留学生サポート整備を兼ね備えている現地校において、英語だけでなく、さまざまなことを学びます。さらに現地では、社会福祉活動や環境保護活動などのフィールドワークも体験できます。

学校生活について

  • 昼食はお弁当ですか。

    お弁当を持参するか、カフェテリアを利用することができます。カフェテリアでは日替わりのランチや麺類、パン、デザートなどを販売しています。

  • 携帯電話の所持は可能ですか。

    保護者の方が安全などの面から必要であると考えられた場合には、学校に届け出てからの所持が可能です。その場合、使用の危険性やマナーを啓蒙し、ルールのもとに使用しています。

  • いじめの対策はしていますか。

    年間を通じた生徒との面談、アンケート実施・分析、コミュニケーションを重視した相互通行型授業、教員のいじめ理解に対する研修、いじめ防止の検討組織の設置など、多角的にいじめ防止・早期発見に取り組んでいます。
    具体的には、定期的にアンケートを行い、学年単位で共有・分析し、担任とスクールカウンセラーによる個々の生徒の状況に対する見立てや対策が話し合われます。必要な場合には、生徒指導部も交えて具体的な手立てを施し、早期発見・解消の体制を整えています。
    生徒一人ひとりが発信する情報を、多くの眼で見ていくことにより、より正確に情報を捉え、見過ごしを無くし、予防と早期発見につなげています。

  • 悩みごとにはどのような対応を行っていますか。

    常に担任・学年・教科で情報を共有し、何か気にかかることがある場合には、声掛けをして必要に応じて面談などをしています。また、カウンセリングルームには専門のカウンセラーを配置し、保護者の方からの相談にも対応しています。

  • 保護者や生徒へのメール配信はありますか。

    緊急情報・防犯情報・学校情報を、登録していただいたアドレスにメール配信サービスを行っています。

入試について

ただいま準備中です。
平成30年度入試については、決定次第ご案内いたします。

  • HOME
  • よくあるご質問

PAGE TOP