戸板祭プレゼンガイダンスー高校1年

行事

7月17日(木)、高校1年を対象に戸板祭で行うプレゼンテーションのガイダンスを行いました。「プレゼンを行う目的とは」、「『伝える』ためには何をしなくてはならないか」など、先生がデモンストレーションをまじえながら説明しました。

今年度の戸板祭では、中学1~3年、高校1年の生徒全員がプレゼンに挑戦します。高校1年の場合、本科コース、スーパーイングリッシュ(SE)コースは「将来のビジョン」がテーマで、SEコースの生徒は英語で発表します。スーパーサイエンスコースは基礎研究を行い、生物や物理など分野ごとに3人1組となり、英語の論文を研究、実験を行い、結果を報告します。

プレゼンの準備には、自ら思考し表現する力やICTリテラシーが必要となります。これは生徒たちにとって決してたやすい事ではありませんが、本校の新たな教育の柱である「相互通行型授業」などを通して、必要な能力が日々培われています。また、困難な課題に取り組むプロセスは達成感をもたらし、生徒の成長につながります。最後には「楽しかった」と思えるよう、先生たちも万全のサポートをしていきます。

戸板祭は11月1日(土)、2日(日)開催です。
詳細等決まりましたら随時お知らせいたします。
生徒たちの成長した姿、どうぞお楽しみに。