「独自のものさしを」ー3学期始業式

行事

1月8日(金)、第3学期始業式を行いました。

学年のまとめの時期となる3学期を迎えるにあたり、学園長からは「1年間取り組んできたこと の成果が『成績』として出されるときです。しかしながら、それ以外に、自分独自の評価軸=『ものさし』を持ってください。そしてそのものさしの中に『発想の自由さ』をぜひ入れて欲しい。自由な発想力がきっと、皆さんの将来を切り開く力となります」とお話がありました。

 

クラブ活動の表彰では、吹奏楽部がTAMAアンサンブルコンテストに出場し、「木管八重奏」「打楽器四重奏」の各部門で銀賞を受賞し、賞状が授与されました。

 

また本日は、高1SECクラスの長期留学プログラムに参加する生徒たちの出発前の最後の登校日でもありました。
総勢30名が今月から11月までのおよそ10ヶ月間、ニュージーランドに滞在し、現地の高校で学びます。

 

ささやかではありますが壮行会を開き、担任、学年主任、校長らから旅立つ生徒たちへ激励メッセージを送りました。
代表生徒3名の挨拶からは、これから始まる新しい生活への期待や不安とともに、大きく成長して帰ってきたいという熱意や希望が感じられました。

 

11月、ひとまわりもふたまわりも成長した皆さんの笑顔に再び会えることを楽しみにしています。
気をつけて、行ってらっしゃい!