ロボットプログラミング講座開講!

授業

12月12・15・16日の3日間にわたり、希望者を対象にしたロボットプログラミング講座を開講しました。
これは、マイクロソフトとベネッセコーポレーションが、理系人材育成促進に向けて共同で行っている体験型学習プログラムです。

 

ロボットの組み立てから始まり、直立、前進などの基本動作をはじめ、チームごとに思い思いのコンセプトで、ロボットの動きをプログラミングしていきます。
数値を入力しては動作実験をする、の繰り返し。メモ用紙にはたくさんの数値が記されていきます。

 

最終日には、各チームが自作のロボットとともにプレゼンテーションを行いました。
犬をモデルに、お手やお座りなどの動作を再現したり、じゃんけんのグー・チョキ・パーを表現しアトラクション的要素を持たせるチームも。
唯一参加の高校生のチームは、「四足歩行」という枠から飛び出し、「癒し」を与えるウサギ型ロボットを製作。コミカルで愛らしい動きを実現していました。

 

イメージどおりに動かせたチーム、残念ながら時間切れで目指すところまで到達しなかったチーム、それぞれありましたが、どのチームのプレゼンからも試行錯誤の後が見られ、エキサイティングな3日間を送れたことが感じられました。