吹奏楽部サマーコンサート

クラブ

7月23日(水)、吹奏楽部によるサマーコンサートが開かれ、梅雨明け直後の暑さの中、さわやかなメロディーが訪れた人たちの耳を楽しませました。

現在吹奏楽部は8月13日に出場する東京都吹奏楽連盟主催のコンクールに向けて練習に励んでおり、その日々の成果をクラスメイトや先生、保護者の方々に披露する場ともなりました。

コンサートは行進曲「アルセナール」から始まり、生徒自らの選曲による木管、金管それぞれのアンサンブルにも初挑戦しました。コンクールで演奏する「MAKE A JOYFUL NOISE!」のほか、先生や卒業生ら有志による発表もあり、自然と手拍子が起こる和やかな雰囲気の会となりました。



そして、会場からのアンコールに応えてラストを飾ったのは、吹奏楽部のテーマソングであるスティーヴィー・ワンダーの「愛するデューク」。十八番とあって生徒たちもリラックスした表情で堂々と演奏しました。

コンクールまであと少し、暑さに負けずがんばってください!