大橋学園長 キャリア講演会を行いました。

キャリア

4/30(水)キャリア教育の一環として、中学生を対象に大橋学園長によるキャリア講演会が行われました。


大橋学園長は、将来、社会で活躍するためには「発想の自由人」になることが大事であることをお話してくださいました。


はじめに大橋学園長は生徒たちにいくつか質問をしてみました。「このイラストは何に見えますか?」「転校生が来ることになりました。あなたはどう思いますか?」・・・生徒たちは転校生が来ると新しく友達が増えて嬉しいと答える人もいれば、逆にちょっと不安と答えるなど、考え方はバラバラです。そして質問を繰り返す中で、生徒たちは考え方によって答は一つだけではないことを体感していきました。

 

大橋学園長は、物事を見るときに自分の考えがすべてではなく、ある物事には何通りもの考え方があることに気づいて欲しいと語りかけます。

発想とは、自分がいる立場から離れて考えることが大切で、たくさんの見方があることを前提に、より深く考えていくことです。そして発想が豊かになればチャンスに出会う機会を増やすことになります。これからの社会は知識を覚えているだけでは厳しい時代。自分で人生を切り拓いていくためにも、知識のほかに、中・高時代から考える力を身につけることが大事であるとお話してくださいました。

最後に、自由な発想を身につける本校の教育の中で、常に考えることを意識した学校生活を過ごしてほしいと生徒たちにメッセージを送り、講演会を終了しました。

 

三田国際学園の情報はこちらから↓

  • HOME
  • トピックス
  • 大橋学園長 キャリア講演会を行いました。