中1オリエン合宿【2日目&最終日】

行事

*盛りだくさんの2日目*

4月19日(日)、白樺湖での中1オリエン合宿2日目は、Trading Gameからはじまりました。世界経済の仕組みの一端を体験できる貿易シミュレーションゲームです。数人一組の「国」に分かれ、与えられた材料・資金で、規格が定められた紙製品を生産。銀行に買い取ってもらい、お金を稼ぎます。単に国内で製品を生産するだけでなく、他国と交渉して材料や道具、資金を調達したりします。

 

ゲーム中、World Trade Newsを知らせる音が流れると、生徒たちは前方のスクリーンに駆け寄り、製品価格の高騰・下落を告げるニュースに一喜一憂。

 

市場を読み間違え落胆する国。市場の情報に振り回されず、堅実な生産プランを立てる国。市場の動きにいち早く反応し、迅速柔軟に生産体制を改革する国。資金や資産運用方針について喧々諤々の議論を繰り広げる国。

頭も体もフル回転で、交渉力・判断力を発揮していました。

 

お昼は、飯盒炊さんです。火おこしにもチャレンジしましたが、惜しくもタイムアップ。マッチで火をつけ、ご飯を炊き、カレーを作りました。はじめての経験という生徒も少なくない中、頑張って自分たちで作ったごはん。みんなうれしそうに食べていました。最後の片付けまできちんとでき、good job!でした。

 

午後は、午前中行ったTrading Gameの結果発表と、そのフィードバックも兼ねたリーダーシップスキルに関する講話を聞きました。実は、ゲーム当初に渡された材料や道具、資金は、国ごとに差がありました。資金も資源も潤沢な国、資源はあるが資金がない国、など、与えられた条件下で、いかに他国と関係を築き、自国を豊かにするかということをそれぞれ考えなくてはならなかったのです。

 

課題に直面した時に、どう考え、どう動き、どうコミュニケイトするか。リーダーシップは限られた個人の才能ではなく、自ら考え、育てることのできるスキルです。

 

その後は、前日のコーチングをもとに、個人の目標設定シートを完成させる作業です。 先生にアドバイスをもらいながら、目標へのロードマップ、目標実現のために必要な習慣について、思い思いにまとめていきます。そして、クラス一人ひとりがプレゼンテーションを行いました。

*最終日ーChallenge yourself to do your best!*

最終日20日は、クラス代表の個人目標と各クラス目標の発表会を行いました。これまでの2日間、コーチングを通して考えを巡らせた自分の目標。そして、クラス委員が中心となり、生徒たちが主体となって導き出した目標。そして、学年目標の Challenge yourself to do your best!

3日間の生活の中で一人ひとりが学び、成長したことや、クラスメイトと築いたつながりや信頼関係を、これからの三田国際学園での日々の中にのびやかに活かしてほしいと思います。

 

慣れないことだらけの3日間。よく頑張り、それぞれに成長がありました。

これからもはじめてのことが盛りだくさんです。

今日のお休みはゆっくり過ごして、また元気な笑顔で会いましょう。