第1学期 始業式

行事

4月8日(水)、第1学期の始業式が行われました。

 

学園長先生からは、「グローバルという言葉を聞かない日はない今の時代、みなさんが中高時代に学ばなければならないことも変わってきています。それは、多様性を受け入れることです。自分と違う考えの人たちを受け入れること。他者の考えを理解し、自分の考えを伝えること。人に対してやさしくなること。思いやりの気持ちをもつこと。それが、三田国際学園のすべての生徒に学んでいってほしいことです。」と、本校の学びの最も大切なことのひとつ、「多様性の受容」についてお話がありました。

 

そして、初めて全校生徒で歌う新しい校歌。

新入生だけでなく、在校生も新学期が始まる前から練習をしており、元気な歌声を響かせてくれました。

 

始業式につづいて行われた対面式では、新入生と在校生が初対面。

中高それぞれの新入生代表が挨拶をし、握手を交わしました。