第3学期始業式

行事

1月8日(土)、2021年度第3学期始業式を開催しました。校長講話で中学校長は、2学期の振り返りから対策を立てて、一年の集大成として3学期を過ごしてほしいと呼びかけました。3学期の振り返りがまた新学期につながる、このサイクルが本校の学びだと改めて伝えられたことで、自分で計画し取り組むことを再度意識した生徒も多かったのではないでしょうか。

続いて中学教頭より、日々どのように生活をしていくべきかというお話があり、組織の中で自分には何ができるかを考えて生活してほしいということが伝えられました。マスクをする、消毒をするなどの一見当たり前に思えることでも、一人ひとりが意識して行動することで状況は変わってくると語られました。また、自分の人生は自分の好きなように変化させることが可能だということをお話された上で、自分の軸をしっかりと持って世の中に貢献できる人材に育ってほしいということを伝えられ、お話を終えました。

高校校長は本校の学びのサイクルに触れ、生徒自身で考えて互いに教え合い高め合っていくということを、より自然にできるようになってほしいと語られました。哲学者による著作にも触れ、高校生だからこそ自分が社会に出るということを意識してどのように生きたいかについて考えてほしいというお話をされました。1年の集大成として、生徒たちが実りある充実した3学期を送れることを願っています。

また冬季休暇中に、大会などにおいて優秀な成績を残した生徒たちへの表彰も行いました。

表彰

 

吹奏楽部

第45回東京都高等学校アンサンブルコンテスト

トロンボーン四重奏・木管八重奏 銀賞