SCIENCE EDUCATION

サイエンス教育

VISIONー
変化し続ける時代 すべての人に必要な現代の教養

サイエンスは、私たちが物事を考えるうえで切っても切り離せない手段です。物事には必ず原因があると信じることが、最初のステップです。よく観察して情報を集め、原因を探って答えを導き出すというプロセスは、教科の枠をはるかに超えて、誰にとっても必要なスキルであり、現代の教養ともいえるでしょう。あらゆる授業や基礎ゼミナール等のプログラムが科学的アプローチのサイクルを軸に展開しており、変わり続ける時代を生き抜くための作法を身につけていきます。

科学的アプローチのサイクル

博士号を持つ教員たちが伴走者としてサポート

本校には博士号を持つ5名の常勤教員がおり、科学的アプローチのプロフェッショナルとして、サイエンス教育をリードしています。一人ひとりの好奇心を育みながら、生徒たちが自ら科学的思考のプロセスをたどって課題を発見し、解決していくことができるよう、伴走者としての役割を務めます。

世界への「好奇心」を「探究」に変えていく
6年間のプログラム

中1「探究」の技法を習得する

サイエンスリテラシー(全クラス)

情報収集、文献の読解、レポートの執筆、プレゼンテーションの実施など、学問分野を超えた広い視野を持って、科学的なアプローチを身につけるトレーニングを行います。

中2~
中3
研究者たる姿勢を身につける

基礎ゼミナール(ISC)、Academic Semnar(IC)、基礎研究α(MSTC)

興味のある講座を選び、自ら課題を設定して、調査・研究を行い、論文にまとめます。専門家や起業家、地域の方々など、様々な人々との協働やフィールドワーク等の実践も積みながら、共創の大切さを学びます。

高校社会とのつながり 課題発見・解決のサイクルへ

Liberarl Arts(ISC)、海外研修プロジェクト(IC)、基礎研究β(MST)

高校2年次の海外研修を目標に、実社会と接続しながら視野を広げ、課題発見・解決のサイクルを自ら回していきます。ICとISCは海外研修先と連携したPBL(Projcet Based Learning)型の学びで、MSTCはより専門性の高い研究へと深化していきます。いずれのコースでも、学内外での発表に多くの生徒が挑戦しています。

一人ひとりの探究を支える施設・設備

本校にある2つのサイエンスラボは、大学の研究室レベルの設備を整えています。実験や研究活動では、タブレット端末と連動してデータ分析をするなど観察・記録にICTを活用し、考察やプレゼンテーションに役立てています。さらに、生徒たちの幅広い分野に対する飽くなき好奇心に応えるため、電子黒板をはじめとするICT機器や、3Dプリンター、レーザーカッターも導入しています。

カルチャーラボ

微生物の培養等の無菌操作を行うために整備された施設で、遺伝子組み換え等の高度な実験も可能です。実験授業のほか、基礎ゼミナールや高校の研究活動でも使用します。

[実験機器の例]

使用に際しては、専門技術を持つ教員が基礎から指導します。

3Dプリンター
3Dプリンター
3次元ソフトウェアで作成されたデータをもとに、断面の層を積み重ね、立体モデルを造形する機器。美術の授業等で、精密な立体模型やオブジェの制作等に活用しています。
安全キャビネット
安全キャビネット
微生物を取り扱う際、他の雑菌の混入を防ぎ、無菌状態で作業するための装置。実験者の安全を守るため、作業台の排気もフィルター滅菌されます。
冷却遠心分離機
冷却遠心分離機
遠心力を利用して、混合溶液から密度の異なる液体や固体を分離する装置。主に培養後の微生物の回収や、化合物の抽出作業に使用します。
人工気象器
中の温度を一定に保ち、人工の光により昼夜を再現する装置。本校では、植物やミドリムシの培養に使用しています。