INFORMATION, PHYSICAL EDUCATION,
ART, HOME ECONOMICS

情報・保健体育・芸術・家庭

情報

情報科 斎藤春香

感性を利用者から開発者へ変化させ、科学的な視点を育みます。実社会との接点を大切にしながらICTの世界をワクワクしながら、そして真剣に学んでいきましょう。“ICT技術で世界を幸せにする!”そんな人を育てます。

情報の授業は、「あなたならどうする?」から始まる問題解決型プロジェクトへの取り組みを通じて、生徒の好奇心や意欲を喚起し、PCやタブレット端末を使いこなせるICTスキルが自然と身についていくようにデザインされています。プログラミング言語「Scratch」を利用したゲーム制作や、おすすめの映画のプロモーションなど、バラエティ豊かなプロジェクトを、仲間とアイデアを出し合い、最後のプレゼンテーションまで楽しみながらやり遂げる過程の中で、情報に対する科学的思考能力や判断力を養います。

保健体育

保健体育科 佐藤英之

自分だけでなく、仲間の技能・知識・能力の向上を積極的に手助けできる、技術を向上させるために考えること自体が楽しくなるような体育の時間を過ごしていきましょう。

保健体育科では、集団での活動を通して望ましい人間関係をつくり、自主的・自発的な活動を実践する態度を育てます。タブレット端末を使用して動画を撮影し、その場でフィードバックして技術の向上を自ら考え実践するなど、運動の特性や魅力に触れ、体を動かすことの楽しさや喜びを感じられる授業を展開。クラスメイトと課題解決に向けて積極的に協力し合い、チームワークを発揮できるコミュニケーション能力や、チームにおいて自分の役割を果たす責任感を培います。また、将来社会で健やかに活躍し続けられるよう、健康の大切さを知り、適切に管理・改善できる習慣を身につけます。

芸術

芸術科 市川由布子

生み出されているモノに対して観察力を磨き、アイデアを練り上げ創作する喜びが実感できるような授業で、新しい未来をつくる創造力を身につけた人になることを目標にしています。

芸術科では、単に作品を完成させたり、演奏することだけでなく、対象となる物事について深く考え、感じたことを表現するというプロセスを大切にします。優れた作品に出会うことで豊かな感性を磨き、取り組む作品の文化的背景を調べたり、知り得た情報や技術を分析して取り入れることで、広がりのある思考力を鍛えながら、時には自分自身の内面を見つめて、湧き上がってきたものを表現するしなやかな発想力やたくましい創造力を伸ばしていきます。

家庭

家庭科 伊藤恵美

高校の家庭基礎では生涯にわたる生活行動の基礎を学び、グローバルな視点に立ち自分らしく生きるための発想力と選択力を培うことを目指しています。

家庭科のコンセプトは「Life Management & Life Design」です。ライフスタイルが多様化し、様々な商品・サービス・情報を選択できる現代社会は、「こうしたい」という思いを実現させやすい社会であるともいえます。衣食住を整え、日々流れていく時間をどう上手に使うかといった、日常生活としての「Life」と、「私はどう生きたいか」といった、将来を見据えた人生としての「Life」。この2つの「Life」を、実習を中心とした授業の中で体験的に学びます。「自分と家庭」という最も身近なコミュニティとの関わりからスタートし、地域社会、日本、そして世界へと視野を広げていきながら、選択する力や計画性、そして自分の「Life」を鮮やかに彩る自由な発想力を育てます。

PAGE TOP