COURSES

コース紹介

  • スーパーイングリッシュコース(SEC)
  • スーパーサイエンスコース(SSC)
  • 本科コース
  • 海外の大学 英語で学ぶ国内大学
  • 先端理系 医歯薬獣医系大学
  • 国公立大学 国内難関私大

そしてグローバル社会へ To global society

本校では、偏差値偏重の進路指導は行いません。キャリア教育を通じて出会った夢を叶えるための大学選びを応援します。6年間で培った英語力・論理的思考能力や自主学習の姿勢を力に、明確な目標を持って難関大学に挑みます。また、積極的な海外大学への進学を応援します。世界中から学生の集まる高等教育のメッカ・アメリカをはじめ、オーストラリア、カナダ、イギリスなど各国の高等教育への進学の夢を叶えます。

スーパーイングリッシュコース(SEC)

使える英語を身につける

スーパーイングリッシュコースは週10時間の英語授業を軸に、ネイティブスピーカーとの対話を中心にした英語教育を展開します。4技能(読む・書く・聞く・話す)をバランスよく習得するだけでなく、英語で考え、英語で伝えるトレーニングを繰り返すことで、ディスカッションやプレゼンテーションができる英語力を養い、英検準1級、TOEFLibt80点以上取得を目標としています。進学先は国内国際系大学にとどまらず、日々の授業や留学経験によって育まれた高い英語力やモチベーションを活かせる海外大学進学も視野に入れ、SATやTOEFLのテスト対策をはじめ、留学に必要な経験となるボランティア活動も含めた進路指導を行います。

留学制度(短期・長期)

長期・短期選択制の留学制度を設けています。長期留学では、ニュージーランドのウェリントンに1年間滞在し、ホームステイ先から通学します。高水準の教育環境の中、英語力を磨くだけでなく、社会やDrama(演劇)のクラスへの参加で自己啓発をすることもできます。短期留学は3週間のプログラムで、今年度はアメリカ・UCデイビス大学で実施しました。世界各国から集まった学生とキャリアについてのディスカッションを重ねたり、現地で働く日本人のもとを訪問したりして、最後には自分自身の夢について一人一人がプレゼンテーションを行います。

※留学先やプログラム内容は予定であり、変更の可能性があります。

スーパーサイエンスコース(SSC)

サイエンスラボが発想の源となる

理系に特化したスーパーサイエンスコースでは、サイエンスラボでの実験を重視した授業を展開し、研究者たる姿勢で学ぶための環境を整えています。高1では生物・化学・物理の基礎知識と実験技術を身に付け、高2からは専門分野を追究し、科学的思考力を高めます。目の前で起こっている現象に興味を持つこと、現象から原理・原則を考えることを促すのが教員から放たれるトリガークエスチョンです。教科書に線を引いて頭に詰め込むだけの授業から解放し、自由な発想が生まれる時間と空間を創出します。

基礎研究で最先端の科学にアクセスする

少人数グループで研究テーマを選択して、自分たち自身で研究を行う「基礎研究」に高校1年から取り組みます。サイエンスラボには大学レベルの設備を導入しており、いろいろなDNAを抽出したり、細菌類の培養を行ったりするなど、思い思いの実験に没頭することができます。世界の最先端の科学論文を辿りながら、まだ見ぬ問題に挑戦する探究心を養い、自ら解決策の糸口を見つけた時の達成感を実感します。習い、学ぶだけでなく、「探求する」サイエンスで、研究者としての素養を培い、国内外の理系大学への進学を目指します。

本科コース

リベラルアーツを実感する相互通行型授業

三田国際学園の教育の特色を余すところなく取り入れ、学ぶことの面白さを幅広く実感できるのが本科コースです。日々の相互通行型授業は、教員のTrigger Questionから始まり、「教わったことをただ覚える」のではなく、自ら思考し、探求する習慣を身につけます。すべての学びの原点となる「知的好奇心」を刺激する魅力的な授業を通して、将来グローバル社会で必要とされる、未知の問題に立ち向かうための思考力、創造性を培います。

受験合理性を追求した学習支援

クラスメイトだけではなく、専門性の高い進路を目指すSSC、SECの友達(生徒)と交流し、互いに切磋琢磨し合う中で、自分のキャリアを多様な視点から見つめることができます。そして、高校2年から文系・理系の選択授業を行い、進学に向けた効率的な学習を始めます。高校1・2年で、繰り返し型学習r-Testにより基礎学力を固め、さらにフォローアップ週間や夏期・冬期講習では、教員研修で研鑽を重ねた教員たちによるハイレベルな授業や演習が展開され、実践力が身につき、3年間かけて希望の難関大学合格へと導きます。

PAGE TOP