ALL IN, ALL OUT. ー中1オリエンテーション合宿

行事

1日目

4月15日(土)、中学1年生はオリエンテーション合宿に出発しました。滞在先は昨年と同じく湯河原。自然豊かな静かな環境で、2泊3日を過ごします。気持ちよく晴れた朝、中庭に全員集合。バスに乗り込み、学校に残る先生方に見送られて出発です。

 

渋滞の影響で予定より遅れての到着となりましたが、ホテルで昼食をとり、開校式を行いました。その後の大橋学園長の講話は「三田国際生の”Soul”」。帰属集団の成長とともに自分の成長はあるという自覚、目標を達成するために身につけてほしい「良い習慣」など、これから始まる6年間の学園生活で成長実感を得るために必要な三田国際生としてのあるべき姿勢についてのお話でした。

 

入学後最初の大きな行事であるオリエンテーション合宿では、新たに出会った仲間との親睦を深めることはもちろんですが、生徒一人ひとりが将来や学校生活での目標を定め、その目標を達成するために何をしなければならないかを考え、ロードマップを作成することが課題となっています。学園長のお話は、そのロードマップを描くための大切なヒントがたくさんあり、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

 

そして、ロードマップ作成の助けとなるのがコーチングです。グループに分かれ、一人ひとりが自分の将来の目標について話し、聞き手役は質問したり、うなずいたりして、より具体的な話を引き出し、話し手の考えを深める手助けをします。こうしたセッションを順番に繰り返し、相手の話を傾聴し、考えを承認する、というコミュニケーションの基本姿勢を学びながら、自分自身と向き合い、目標達成への道筋を考えていきます。

 

 alt=

コーチングの際に同じグループの人に書いてもらったアドバイスシートも参考に、自分の考えを再構築し、先生に助言をもらいながら、ロードマップを仕上げていきます。2日目はこれをもとに全員がクラスメイトの前で個人目標を発表します。

 

長い一日の終わり、それぞれの部屋の室長が集まる会議では、今日一日の良かった点、悪かった点を話し合いました。クラスメイトとコミュニケーションを取って仲良くなってきた半面、ONとOFFの切り替えが上手くできていないシーンもありました。そのことを生徒自身が気づき、明日からの改善点として全体でシェアしました。

2日目

4月16日(日)、2日目の午前中はTrading Gameを行いました。例年大盛り上がりとなるこのゲームは、世界経済の仕組みの一端を体験できる貿易シミュレーションゲームです。数人一組の「国」に分かれ、与えられた材料・資金で、規格が定められた紙製品を生産。銀行に買い取ってもらい、お金を稼ぎます。単に国内で製品を生産するだけでなく、他国と交渉して材料や道具、資金を調達したりします。ゲーム中には、製品価格の高騰・下落を告げる「World Trade News」が流れます。自国の戦略がはまって利益を上げられるグループもあれば、対応が後手に回り、市場の動きに翻弄されてしまうグループもありました。

 

当初、生徒たちにはこのゲームの「本来の目的」を知らせずに、ルールを説明して、「よりたくさんのお金を稼ぐ」というゴールだけを伝えてスタートさせました。フィードバックでは、各グループに与えられた条件が現実世界における先進国や途上国の環境を想定していることを明かし、世界地図上の富の集中、貧困の分布を眺めながら、「自分たちだけ富めば良い」という「Win-Lose」の考え方でなく、相互の国が「Win-Win」の関係を築けるアイデアを出して、交渉に臨めたか?という問いが投げかけられました。

 

そしてもうひとつが「リーダーシップをいかに発揮できたか?」。これは、生徒たちが三田国際学園での日々をいかに過ごすのかということとも関わります。ある特定の人物、トップの人物だけがその力を発揮するといった従来の「リーダーシップの常識」ではなく、一人ひとりがリーダーの意識を持つことで、「帰属集団の成長」に貢献できるのではないか、という問いかけでした。みんなが目標を自分のこととしてとらえてリーダーシップを発揮する人がたくさんいるクラスを1年間かけて作り上げることができるかどうか、その試金石となるゲームでもありました。

 

午後は箱根まで移動してハイキング。お天気にも恵まれ、昨日からずっと続いた室内活動から解放された生徒たちの歩みも軽やかです。自然の中を散策してリフレッシュをしたら、いよいよ個人目標の発表です。これまで自分の中で思い描いてきた夢、コーチングを通して新たに気づいた自分自身のこと、目標を達成するために必要な習慣など、自分の考えをよくまとめ、堂々とプレゼンテーションすることができました。クラス内での発表を経て代表に選ばれた人が、3日目最終日に学年全員の前でプレゼンを行います。

 

3日目

4月17日(月)、合宿の最終日は個人目標の代表プレゼンと、クラス目標の発表会を行いました。クラスみんなの意見を集約して創り上げた目標を、ただその言葉を述べるだけでなく、どうしたらみんなの思いを上手く表現できるか考えて、A組からE組までそれぞれのクラスが工夫し、一人ひとりが役割を持って、1年間の決意を表明していました。

 

中学1年生の学年目標は"ALL IN, ALL OUT."です。この3日間、とてもたくさんのことを吸収し、そして、今持てる限りの力でもって、外側の世界に向かって自分を表現する3期生の姿がありました。

 

3日間の行程を終え、用賀に帰ってきた生徒たち。まだまだ笑顔が見られ、元気な足取りでそれぞれの家路に着きました。今日と明日はゆっくり体を休めて、明後日からの学校生活に備えてください。

  • HOME
  • トピックス
  • ALL IN, ALL OUT. ー中1オリエンテーション合宿

PAGE TOP