授業公開を行いました

行事

6月25日(土)、中1から高2までの保護者の皆様を対象に、授業公開を行いました。
本校の教育の柱である、相互通行型授業を中心に、ディスカッションやプレゼンテーション、実験授業などをご見学いただける機会となりました。

 

訪れた保護者の方にお子様の様子や学校生活や授業の感想などを伺ったところ、
「入学する前は、どちらかというと内向的だったが、自分の思ったことを言うように変化して、積極性が出てきた」
「私立学校でありながら、校則が厳しすぎたり、ルーズ過ぎたりすることなく、自由な雰囲気があるところが気に入っている」
「大学や、社会に出てから必要となるプレゼン、ディスカッションが授業の中心にあって、そういう力を伸ばしてくれることがありがたい。また、グループワークが主体で、コミュニケーションを大事にする学びだということが分かった」

 

また、先日行った中学2年のGlobal Villageについても、
「アフリカの人とは海外生活時代に接してきていたが、日本にいるアフリカをはじめとするさまざまな国籍の人と接することができて、見方が変わったと話していた」
「日本人は発音や文法の間違いを気にしてしまうが、第2言語として英語を学ぶ留学生リーダーたちが、間違いを気にせずにどんどんコミュニケーションすることが刺激になったようです」

 

など、たくさんの嬉しいお話を聞かせていただきました。

 

最後になりますが、
本日はご多忙の中、ご来校いただき、誠にありがとうございました。
保護者の皆様からの貴重なご意見を糧に、また本校へ寄せていただいているご期待を励みに、2年目を迎えた三田国際学園教職員一同、日々、切磋琢磨してまいりたいと思っております。
引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP