「考える」日々をー1学期始業式

行事

4月8日(月)、2019年度1学期始業式を行いました。大橋清貫学園長からは「考える力」を伸ばすため、新しい生活が始まるこのタイミングで、自分の意識と行動を変えていきましょうという提案がありました。

 

 

現代はテクノロジー(科学技術)の発展に伴い、めまぐるしく変わり続ける時代と言えます。科学の知識を応用するテクノロジーの時代で活躍するためには、ただ知識があったり技術を使いこなせたりするだけではなく、技術の基本原理に目を向け、問題解決の糸口を探ったり新しいものを創り出したりする力が求められます。そして、その土台となるのが「考える力」です。

 

この力を自分のものにするためには、学校の授業だけではなく日常生活でも意識的に「考える」ことが大切です。大橋清貫学園長は生徒たちに向けて、今日から新しい1日を始めましょうと語りかけました。

 

表彰

【新しい学びフェスタ2019】

高校2年(女子) ポスター発表 審査員特別賞「HHOガスの生物に与える影響の検討」

PAGE TOP