想いを歌に込めてー第3回音楽会

行事

2月16日(金)、第3回音楽会を東京・目黒区のめぐろパーシモンホールで開催し、午前の部は中学1・2年生、午後の部は中学3年生、高校1・2年生がそれぞれ発表しました。音楽会はクラス別の合唱コンクールの形式をとっており、審査員による審査によって、学年ごとに金賞・銀賞・銅賞(高校は金・銀のみ)が選ばれます。各クラス目標を定めて2学期の終わりから日々練習に励んできました。

 

審査では、声をよく響かせているか、各パートの声質が揃っているか、歌詞の意味を理解して歌唱しているかなど、合唱のクオリティへの評価に加えて、入退場の振る舞いなどステージマナーも評価対象となります。また、会場となっためぐろパーシモンホールは、プロのオーケストラやオペラ公演にも使用される本格的な設備を備えた、音の響きが豊かな大変美しいホールです。自分たちが発表する時だけでなく、聴く時、準備をする時のマナーといった、このような場所で行われる音楽会という行事にふさわしい立ち居振る舞いを学ぶ機会にもなっています。

一体感が感じられる行事に

音楽会は吹奏楽部のオープニング演奏『ARSENAL』に続いて、校歌斉唱で幕開けとなりました。今回は事前に保護者の皆様にも呼びかけ、生徒、教職員とあわせて、みんなで校歌を歌えるような機会となりました。大橋清貫学園長からの開会の挨拶では、会場の一体感に対して「感無量です」との感想を伝え、平日にも関わらず多数足を運んでいただいた保護者の皆さまに謝辞を述べました。

 

また、「三田国際学園の教育の本質は、社会に出て活躍できるための基礎を中等教育で実施することで、『リベラルアーツ』の中にも含まれる『音楽・芸術』もまた基礎教養として考えており、音楽会はとても大事な日です。1学期、新しい仲間と試行錯誤で取り組んだ体育祭と比べて、音楽祭の準備は手応えがあったのではないでしょうか。そうだとしたら1年間にどれだけ成長したかを物語っており、素晴らしいことです」とこれから発表に臨む生徒たちへエールを送りました。

 

各クラスの合唱の他にも、コーラス部の発表や、高校音楽選択の生徒たちの合唱、オーディションで選ばれた生徒によるヴァイオリンやピアノのソリストリサイタルも実施。日常とは異なる表情を見せるクラスメイトのパフォーマンスに感嘆の声も上がりました。そして最後に待っていたのはサプライズ!教員による『We are the World』のコーラスです。会場アナウンスが告げられると会場は大盛り上がり、保護者席からもノリのよい声援が飛んできて、大団円となりました。

 

学習以外の「表現」の場として

合唱の発表前には、発表曲のピアノ演奏をBGMにして、スピーチを行います。たとえば、中学3年生のあるクラスでは『聞こえる』という楽曲を選曲、スピーチでは9月に行った研修旅行・Global Peace Studyに触れて、「(広島平和記念公園で)原爆の被害を受けた人々の嘆きの声、悲しみの声、怒りの声が聞こえました。(この歌は)実際に起きたデモ、武力紛争、戦争、自然災害などたくさんの被害から平和を訴え、その中で私たちに何ができるかを教えて欲しいという意味が込められています。広島で感じたメッセージをこの歌から感じ取ってください」と歌に込めた想いを語りました。

 

学習の場で経験したこと、感じたことを、「歌」によって表現しようという試みでした。これまでレポートを書いたり、プレゼンテーションを作ったり、それを発表したりすることは何度もやってきましたが、歌でしか表現し得ないものがあることを知ることができたのではないでしょうか。

 

もちろんこのクラスに限らず、クラスの団結という自分のごく身近なコミュニティへの関心から、その視野が広がっていっていることが学年を追うごとに感じられました。クラスが一体となってハーモニーを完成させるまでの苦闘や歌に込めた思いを、どのクラスも一生懸命スピーチしており、自分たちが選んだ曲に真摯に向き合った足跡が見て取れました。

* * *

最後に、この音楽会の成功の陰には実行委員会の生徒たちの活躍があったことも記しておきます。実行委員長の挨拶、日本語と英語で行ったかしこまった会場アナウンスのように、表方として見える役割だけではなく、入退場をスムーズに行うための会場誘導など、裏方の正確な仕事も、厳粛なムードの演出に一役買っていました。

 

3回目となる音楽会、学園としての一体感が醸成され、生徒たちの精神的成長が感じられる行事として少しずつかたちづくられていっています。

審査結果

中学1年生

金賞 E組「この星に生まれて」

銀賞 C組「My Own Road ー僕が創る明日ー」

銅賞 A組「HEIWAの鐘」

 

中学2年生

金賞 D組「生きている証」

銀賞 E組「モルダウ」

銅賞 B組「心の瞳」/F組「あなたへー旅立ちに寄せるメッセージー」

*銅賞は同点のため2クラスが受賞

 

中学3年生

金賞 C組「ひとつの朝」

銀賞 D組「いつまでも」

銅賞 B組「明日へ」

 

高校1年生

金賞 A組「ふるさと」

銀賞 B組「心の瞳」

 

高校2年生

金賞 C組「道」

銀賞 B組「旅立ちの時」

PAGE TOP