次期生徒会役員選挙・立会演説会を開催ー生徒会レポート

行事

先日の節分会に引き続き、次期生徒会役員選挙の立会演説会の様子を生徒会役員がレポートしました。
自分たちの積み上げてきた活動、次世代への思いなどが込められたレポートです。
どうぞご覧ください。

中学生徒会

2月23日(金)、中学次期生徒会役員選挙・立候補者立会演説会を実施しました。各クラスから選出された選挙管理委員のサポートもあって、スムーズに会を進めることができました。投票する生徒も、真剣にスピーチを聞いていました。

 

中学1年生のスピーチは、初めてとは思えないほど一人ひとり工夫を凝らしていて、どれも聞き応えのあるものでした。一方、中学2年生は、今回初めて立候補する人もいたものの、慣れた様子でスピーチをしていました。

 

スピーチを聞いている中で「先輩に憧れて」「活躍している生徒会の姿を見て」という理由で立候補した、ということを言っている候補者が多くいました。普段は裏方として活動していることも多い生徒会、そんな生徒会の活動の様子を見てくれているということを知って、嬉しい気持ちになりました。

 

また、今年度生徒会で活動している1人の生徒がスピーチの中で「ここまでやってこれたのは、無知な僕を助けてくれた生徒会の先輩方のおかげです。本当にありがとうございます」というシーンがありました。普段の活動ではあまり深く話すことがないので、意外な一面を見ることもできました。

 

どの候補者が選ばれても、納得のいく生徒会選挙でした。現生徒会が築き上げてきたものを、しっかりと引き継いでほしいと思いました。

高校生徒会

2月23日(金)、高校の次期生徒会役員選挙と立会演説会が今年も実施されました。2年前に18歳選挙権が発布され、政治に関わる事が早くなりました。それ故に、政治への意識が高くなり、生徒一同真剣な態度で最後まで演説をしっかりと聞いていました。

 

演説では多くの候補者達が明確にハッキリと自分達の目標を言い、この三田国際学園を最大限に活かすような具体的な「発想」を真剣に語ってくれた事が印象に残っています。どの候補者達からも生徒達が学ぶこの学園をより楽しく・より便利に・より安心にするという願いが演説を通して伝わってきました。また、やはり学園を創って行くのは先生だけではない。生徒もまた、学園を創って行くのだと改めて実感させられました。

 

この出来事から、新たに選ばれた生徒会役員達が生徒の先駆者となり、この三田国際学園、生徒達の為に、努力してくれる事を心より期待しています。

  • HOME
  • トピックス
  • 次期生徒会役員選挙・立会演説会を開催ー生徒会レポート

PAGE TOP