経営ゼミ『株主総会』で黒字を報告ー2017基礎ゼミ活動報告(5)

授業

1月10日(水)、中学基礎ゼミナール『経営実践講座』の生徒が出資を募り起業した『株式会社Polaris』が株主総会を開き、今年度MITA International Festival(MIF)における事業報告ならびに会計報告を行い、会場に集まった株主らにはMIFでの営業利益が黒字となったことが伝えられました。

 

Polaris社は昨年10月に開催されたMIFにおいて、出来立てのワッフルを主力商品とした屋外店舗を初出店しました。MIF当日は電気系統のトラブルや悪天候などのマイナス要因、事前の準備不足などがありましたが、臨機応変なチームワークでカバーしながら当初目標とした売上高には及ばなかったものの、最終的には黒字の結果を出すことに成功しました。

 

起業に当たり、昨年7月に生徒らは株主募集のためのプレゼンを実施。会社の理念やアンケート等に基づいたMIFでの販売商品決定に至る経緯を説明するとともに、損益分岐点なども明示して売り上げ目標を掲げていました。報告の中では、事業計画に賛同し出資をした株主への謝辞も述べるとともに、生地・焼き・トッピング・会計という当日の役割分担の各代表者が良かった点、問題点、改善点についても分析結果を発表しました。

 

総会の議事進行は社長である中3生徒が自ら務め、「売り上げ目標は適切だったのか」「悪天候の場合の想定はあったのか」「アンケート調査の有効性は?」といった株主からの質疑にも応じ、来場者予想、想定外のトラブルへの対処などが不十分だったこと、アンケート調査と実態との乖離などを冷静に分析し、次年度へとつなげていく意欲を示しました。

 

***

やることなすことすべてが初めてのことに直面した生徒たちが、データだけではなくその実感とともに起こった出来事を整理、分析し、立派に報告を終えることができました。経営は1回きりで終わるものではなく、蓄積し、次のチャレンジへとつないでいかなくてはなりません。3年生が中心となって展開してきた経営ゼミは、ここで2年生へとバトンを引き継ぎます。今回の経験を糧に来年度のさらなる飛躍を期待しています!

Polarisの歩み

  • HOME
  • トピックス
  • 経営ゼミ『株主総会』で黒字を報告ー2017基礎ゼミ活動報告(5)

PAGE TOP