ENGLISH

英語

英語

英語科 髙橋恵莉

楽しみながら学び、「使える英語」にしていくことが授業の目標です。全員が参加し、自分達で授業を作っていくわくわく感を感じながら、笑顔で学び合っています。Let's be a free thinker.

グローバリゼーションの進展に伴い、もはや国際共通語となった「英語」。英語をコミュニケーションツールとして使いこなすことが、将来必要不可欠な能力として求められています。本校では「読む、聞く、書く、話す」という4技能をバランス良く養う授業を展開していき、国際的感覚を身につけながら、実際に社会に出てからも「使える英語」を習得していきます。

生きた英語に触れる

中学・高校すべてのクラス、コースでネイティブスピーカーの教員による英会話の授業を行い、インタラクティブなやりとりを通してコミュニケーションの基礎を身につけます。加えて高校では、日本人教員によるAll Englishの授業も取り入れながら、積極的に英語を使う機会を多く設けます。また、ネイティブスピーカーの教員は、ランチタイムや放課後の自習、クラブ活動などの時間も生徒と共に過ごす身近な存在であり、授業だけでなく学校生活のあらゆるシーンで英語でコミュニケーションする環境を用意しています。


「発信」することで英語を体得する

コミュニケーションツールとしての英語力を培うために、他者に向かってアウトプットする経験を重視します。たとえばレシテーション(暗誦)あんしょうは、物語や詩など内容に合わせた話し方の違いや、言葉のリズムを感じ、自ら表現することで、英語を体得することができます。また、スピーチやプレゼンテーションでは、単にSpeaking、Writing能力の向上だけでなく、自分の気持ちや考えを相手に効果的に伝えるために、重要なキーワードをどう強調するか、どのような順序、構成で話したらよいか、資料を効果的に見せるための工夫は何か、など、コミュニケーションに関わる総合的な力を伸ばすことできます。

自主学習によって基礎を定着

英語科 緒方健作

「楽しい授業!」を心がけ、音声教材・視覚教材を用い、生徒たちと楽しく学んでいます。生徒たちが日々成長していくことが教師としての一番の楽しみです!

英語での豊かなコミュニケーションを支えるのは、語彙や文法などの基礎学力です。一人ひとりの進度に合わせた「r-Test」によって自主学習を促し、フォローアップ授業で苦手を克服していくことで、基礎学力を確実に定着させます。また、学年ごとに目標を設定して英検やGTECに挑戦し、学習へのモチベーションを高め続けます。
※GTEC…(株)ベネッセコーポレーションが主催する「読む、聞く、書く」3技能の総合的なコミュニケーション能力を測る英語能力検定試験

学年ごとの検定資格目標


PAGE TOP