ACTIVE LEARNING

相互通行型授業

「君はどう思う?」問いから始まる知的探究

本校では、考えることを支援する「相互通行型授業」をすべての教科で実践しています。教員から投げかけられる「トリガークエスチョン」は、生徒の知的好奇心を刺激する導火線。「なぜだろう?」という問いを追いかける学びは、生徒たちの意欲をかき立て、クラスの議論も熱を帯びていきます。

論理的思考のプロセスをたどる相互通行型授業

生徒たちの試行錯誤の過程こそ、「考える力」を伸ばす成長の糧です。一度思考を始めた生徒は、受け身の姿勢に戻ることはなく、問題の本質を深く考えていく中で、自然に知識を吸収していきます。相互通行型授業を通して身についた「考える力」は将来、未知の問題に直面したときに、おそれずに向き合い、解決し、乗り越えていく大きな支えになると確信しています。

STEP1授業のテーマ

はじめに、中高6年間のシラバス(=各科目の授業計画)に基づき、単元ごとのテーマや、課題に対する到達目標が提示されます。

STEP2共通知識の獲得

テーマに関する知識や情報を講義形式で説明し、共有します。共通知識の獲得は「考える」ための準備運動ともいえます。

STEP3疑問トリガークエスチョン

テーマの核心となる部分について、教員からの発問・質問というかたちで生徒一人ひとりに投げかけます。決定的な興味・関心を引き出すきっかけとなるこのトリガークエスチョンによって、生徒は知的好奇心を刺激され、新たな学びに目を輝かせます。

STEP4仮説自分の考えを構築

トリガークエスチョンに対して、まずは一人で取り組みます。教員から渡された資料を分析したり、タブレット端末を使ってインターネット上の膨大な情報にアクセスしたりしながら、必要な情報を取捨選択して統合し、自分の考え = 仮説を構築していきます。

STEP5検証グループ
ディスカッション

自分で考えた意見を他者に伝え、他者の考えに耳を傾け受け容れる。多様な意見が飛び交うディスカッションを通して仮説を検証し、グループごとの結論を導き出します。

STEP6結論教室全体で共有

導き出した結論は、プレゼンテーションによって教室全体に共有します。自分の考えを明確に相手に伝えるために、構成や資料の見せ方などにどのような工夫が必要かを考え、説得力のある魅力的なプレゼンテーションを組み立てていきます。

STEP7レポートの作成

考え、議論し、結論にたどり着いたところで学びが終わるわけではありません。授業の中で新たに得た知識や多様な価値観、自分の考えに起こった変化などを、もう一度自分自身で整理します。こうした作業は知識の定着も促し、新しい「なぜだろう?」の発見へとつながります。

教員の役割

相互通行型授業は生徒一人ひとりが主役です。授業の中での教員の役割は、ただ正解を教え、知識を覚えさせることだけではありません。論点を整理し議論を導きながら、生徒自身で考えることを支援する、ファシリテーターを務めます。

PAGE TOP